雨漏り 修理・点検・検査

雨漏りについてのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

本当に屋根からの雨漏り? 

壁 窓 煙突 排水ドレンのごみ詰まり 水道管ピンホール 結露 すがもりetc...

雨漏りや漏水現象の原因はさまざまです。     

普段なかなか目にすることのない屋根ですが、屋根は強い日差しや風雨や雪にさらされています。

家族がやすらぎ、くつろげるのも、屋根がしっかり守ってくれるからこそ。

雨漏りを放置しておくと、内装の傷みはもとより建物全体の腐食をまねいてしまいます。


 

『漏水』 雨漏り・結露について

 

結露と雨漏りは違う!

建物も人間と同じで、年とともに老いていきます。

この老いを少しでも防ごうというのがメンテナンスです。

 

屋根のメンテナンスでは何といっても雨漏り防止が一番のポイントになります。

新築した家で不幸にして初めて雨が漏った場合、

どこから雨が漏ったのかを調べることが先ず必要ですが、

その場合、頭から雨漏りと決めてかからないで、

結露の可能性も考えて調べることが必要です。

 

これまで、施主から屋根工事店に対する雨漏り苦情の多くが、

実は結露であったという調査結果もあるくらいです。

 

小屋裏換気が不十分なために、野地板を貫通した釘の先に結露したり、

谷樋の裏に結露した水を雨漏りと間違えたなどということは随分あるようです。

 

大抵の雨漏りは屋根の下地防水がしっかり施工されていれば防ぐことが出来る

ものですが、防水層自体の重ね幅が不十分ですと、

豪雨の場合に雨水が重ね目から裏に回ることがあります。

 

また、毛管現象でも雨水が屋根材の裏側に回り、

雨漏りの原因になる場合がありますので、注意してください。

 

棟は軒近くに比べると流れ下る水量は少ないですが、

風が一番強く当たる場所だけに、雨が隙間から吹き込む恐れがあります。

棟の部分からの雨漏りが以外に多いのはそうした理由によるものです。

棟はまた台風や地震に対しても一番問題となる場所です。

 

屋根に限ったことではないですが、やはり定期点検は大切です。

 

私たちの住まいにとって屋根は建物を覆う大切な場所です。

信頼出来る工事店に依頼して時々点検してもらうようにしましょう。

 

 

「(株)日本屋根経済新聞社 屋根の知識」 より抜粋

 


有限会社 秋山建築板金

〒002-8052 札幌市北区篠路町上篠路261-44

TEL 011-774-3635

FAX 011-774-3632

meil  akiyama1@dream.ocn.ne.jp