融雪機能付き雨樋

凍結による雨樋の破損や氷柱による事故を未然に防ぎます

ただいま製作中です

雨樋上部にヒーターを組み込んだスノーカバーを付けることで、破損や氷柱の問題を軽減します。

近年は三角形の屋根に、雪止め式の板金を葺いた屋根が多くなっています。

これで雪は落ちないようになりましたが大量の雨水が発生し、この雨水のために雨樋をつけることとなりました。

しかし冬季になると雨樋の破損や氷柱に悩むこととなり、各ハウスメーカーが試行錯誤していました。

さまざまな角度から研究した結果、雨樋上部にスノーカバーを付け、このスノーカバーにヒーターを組み込むことにより、

雨樋の破損や氷柱の問題を軽減する融雪機能付き雨樋が完成しました。

通常の屋根との比較は下記の写真をご覧ください。


有限会社 秋山建築板金

〒002-8052 札幌市北区篠路町上篠路261-44

TEL 011-774-3635

FAX 011-774-3632

meil  akiyama1@dream.ocn.ne.jp